download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

高等学校段階におけるアクティブ・ラーニングの最新動向【受付終了いたしました】 2016年06月17日(金)

人材政策研究ユニット , アクティブ・ラーニング , イベント情報

高等学校段階におけるアクティブ・ラーニングの最新動向
-アクティブ・ラーニングの実践事例-

 

※本シンポジウムは多数の受付が御座いましたので、受付を終了させていただきました。

 

1.趣旨

平成27826日に中央教育審議会教育課程企画特別部会でとりまとめられた論点整理において、「アクティブ・ラーニングの意義」が示されるなど、近年、人材政策研究においてアクティブ・ラーニングの重要性が認識されてきています。複雑化が増し、不確実性が高まっていく現代社会においては、知識(Knowledge)を獲得するだけではなく、21世紀型スキルとしての資質能力(Competency)を育んでいくことが重要です。そのための手法として、「学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法」(中央教育審議会)であるアクティブ・ラーニングに注目が集まっています。

東京大学公共政策大学院人材政策研究ユニットでは、「21世紀型の人材の育成・開発・活用のあり方について、調査・研究・教育を深め、情報発信していく」ことをミッションとし、研究を進めています。これまでも、OECD日本イノベーション教育ネットワークなどを通じて、実践と研究が協働しながら、アクティブ・ラーニングについて認識を深めてきました。

 本シンポジウムでは、ますます重要になるアクティブ・ラーニングについて、政策的側面、実践的側面の双方について探究することを目的としています。特に、アクティブ・ラーニングは政策上どのように位置づけられているか、アクティブ・ラーニングを実践するための方法論にはどのようなものがあるか、アクティブ・ラーニングによって実際に生徒のどのような資質能力を伸ばすことができるかなどに焦点をあて、実践事例に基きながら、アクティブ・ラーニングの最新動向についての理解を進めていきます。

 

2.概要

日時:    2016617日(金) 18:00-20:30 (開場:17:30)
場所:    東京大学本郷キャンパス 福武ホール地下2階 福武ラーニングシアター
主催:    東京大学公共政策大学院 人材政策研究ユニット
協力:   学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校、東京大学新聞社、認定NPO法人カタリバ(五十音順)
お問い合わせ:東京大学公共政策大学院(activelearning@pp.u-tokyo.ac.jp)

入場無料(定員150名、事前参加登録制・先着順)

 

3.対象者

  • 次期学習指導要領やアクティブ・ラーニングと入試の関係について知りたい方
  • 「アクティブ・ラーニング」や「プロジェクト学習」の最新動向・実践事例を知り、教育行政を一緒に考えたい方
  • 高等学校教職員、中学高等学校保護者の方 

 

4.申込方法

お申込みフォームにてお申込みを承っております。

先着順で定員になり次第締め切りといたします。 

必要事項をご記入またはご入力のうえ、お申込みください。

 

5.プログラム 

18:00-18:10        開会の挨拶 鈴木寛(東京大学公共政策大学院 教授、人材政策研究ユニット長)

18:10-19:20        1セッション アクティブ・ラーニングの最新動向「先進実践研究」

モデレーター 鈴木寛(東京大学公共政策大学院 教授、人材政策研究ユニット長)
パネリスト 1.藤原和博(教育改革実践家)

公立高等学校の事例

2.夏野剛(慶応義塾大学政策メディア研究科 特別招聘教授・学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校評議員)

私立 単位制・通信制課程(広域)高等学校のトライアル

3.中村好孝(学校法人淳和学泉(岡山龍谷高校)専務理事)

私立 全日制高等学校の取り組み

4.今村久美(認定NPO法人カタリバ代表理事、文部科学省中央教育審議会教育課程企画特別部会委員)

マイプロジェクトアワードについて(現役高校生2組からプレゼン含む)

【参加高校生】

    • 佐賀県立唐津東高等学校 科学部 江口可那子(2年)、永野悠希(2年)
    • 岡山県立岡山一宮高等学校 山﨑紀奈里(3年)
5.小村俊平(OECD日本イノベーション教育ネットワーク事務局長、東京大学公共政策大学院客員研究員)

アクティブ・ラーニングの実践ネットワークと研究体制

1920-20:20 第2セッション「アクティブ・ラーニングが変える社会」

モデレーター 鈴木寛(東京大学公共政策大学院 教授、人材政策研究ユニット長)
パネリスト 今村久美(認定NPO法人カタリバ代表理事、文部科学省中央教育審議会教育課程企画特別部会委員)

小村俊平(OECD日本イノベーション教育ネットワーク事務局長、東京大学公共政策大学院客員研究員)

中村好孝(学校法人淳和学泉(岡山龍谷高校)専務理事)

夏野剛(慶応義塾大学政策メディア研究科 特別招聘教授・学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校評議員)

藤原和博(教育改革実践家)

2020-20:30       閉会の挨拶 鈴木寛(東京大学公共政策大学院 教授、人材政策研究ユニット長)

※本シンポジウム終了後に、懇談会を予定しております。参加を希望される方は、フォームにご記入ください。